お金を借りるには|即日・今すぐお金が必要な方へ

MENU

どうしても緊急でお金を借りる方法とは?

今日中にお金が必要なあなたには、平日14:00までにWEB契約完了すれば、自分の銀行口座に現金が振り込まれるプロミスがおすすめです。

 

14時以降や土日・祝日であっても、ネットで申込をしてから、店舗や自動契約機に向かえば、当日中にお金を借りることが可能です。

 

プロミスは全国に店舗数も多く、三井住友銀行のローン契約機も使えるので、とても使いやすいお金を借りる方法です。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 最短1時間融資
平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)

アコム
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 平日14:00時まで

 

審査スピードを早くしてお金を借りる方法

コールセンター経験者が教える 審査スピードを早くするコツ
ネットで申込む際、記載内容に不備があると審査通過までに時間がかかったり、やむを得ず電話でのやり取りが発生して時間がかかるケースがあります。正確に入力することが、お金を借りるまでの審査スピードUPの方法です!

  1. 申込フォームへの必要事項、メールアドレスは正しく入力する
  2. 提出する必要書類は、しっかり見えるように撮影する
  3. 迷惑メール設定を事前に確認する

申込フォームで多い間違いが、メルアドや電話番号です。借入希望の金額は、本当に必要な金額を入力することが重要です。

 

本当は5万円だけお金を借りたいのに、通ればラッキーだなという具合に、借入希望50万円にするとそれだけ審査が難しくなります。

 

提出書類はデジカメや携帯で撮影する際、ピンボケや光の反射で書類の内容が確認できない場合があります。

 

また、運転免許証の自分の写真を目隠ししたり、手で隠す人もいるので注意です。再度、撮り直しで審査に時間がかかります。

 

運転免許証の撮影NG例

 

特にスマホで申込む際には、メールが受け取れる状態にしておく必要があります。携帯各社の迷惑メール設定を変更しておきましょう。

 

プロミス 「promise.co.jp」
モビット 「mobit.ne.jp」「mobit.co.jp」「mobit.jp」「035000.com」
アコム 「online-a.com」「cc.online-a.com」

 

他にも、勤続年数や他社での借入件数は嘘をつかないで正直に入力すること。嘘をついたところで、すぐにバレますので審査落ちしてしまいます。

 

初めてお金を借りる方法

一番初めは、消費者金融や銀行カードローンを作ってみる、これが最初のステップと考えて結構です。

 

簡単にいうと20歳以上で安定した収入があれば、誰でもお金を借りることができます。サラリーマンはもちろんのこと、主婦や学生でもパート・アルバイトで働いていれば大丈夫です。

 

数ある金融サービスは、それぞれ審査や金利が異なるので、自分の条件に合ったサービスを比較して選ぶのは大変なことです。そこで、おすすめの選び方!

 

次の4つの選択肢の中から、あなたがもっと重要だと思うこと選んで条件を絞り込むことが探しやすいです。

 

「何」を重視するかで、「どこ」を選ぶか決まります!

スピード重視 「今日中にお金を借りる!」とにかく急いでいる人向け
利息重視 「低金利でお金を借りる!」できるだけ利息を抑えたい人向け
限度額重視 「まとまったお金を借りる!」おまとめ・借り換えしたい人向け
返済額重視 「月々の返済額を少なく!」毎月の負担を小さくしたい人向け

 

審査に受かるコツはある?

こうすれば審査に受かる!実はそのような方法はありません。審査では大きく分けると3つの項目があります。

 

  • 申込書から判断される返済能力
  • 個人信用情報機関に過去や現在の債務履歴を照会する信用力
  • 勤務先を確認する在籍確認

 

ご覧になってもわかるように、消費者金融の審査を受けるからと言って簡単に変えることができる内容のものはありません。現状勝負、それが消費者金融の審査です。

 

例えば申込書に記入する内容としていくつか見てみましょう!

 

性別、年齢、住所、勤務先、家族構成、居住形態などがあります。性別を簡単に変えることも、家族構成を変えることもできないでしょう。申込者本人の基本的な情報だけで審査に臨むことになります。

 

仮にブラックOKという消費者金融があったとしましょう。もちろん審査など関係なくとにかく融資をするという宣言です。どのような状況でも審査に受かるのであれば、それに越したことはないと思われるかもしれませんがそれは違います。

 

誰にでも貸すということはすなわち、返済能力が無くても貸すということです。そこは闇金融、違法業者にほかなりません。

 

審査の可否を動かすことではなく、どのようにすれば審査が早く進むのかでも重要になったの正確な入力がここでも求められます。

 

自宅への郵送物を避けたい

家族にバレるのは困る…自宅への郵便物を避ける方法

 

借り入れはしたいけれども自宅へ郵送物があっては困る、そう考えている方も多いでしょう。家族と同居しているときには、消費者金融から届く郵送物に不安を感じます。

 

消費者金融からの郵送物は、開封しなければ消費者金融であることがわからないようにはなっています。

 

差出人名も消費者金融名ではなく、例えばプロミスであれば事務センター、アコムであればACサービスセンターという差出人名になります。開封しなければわからない、裏を返せば開封すればわかるということでもあります。

 

新規申し込み時には受け取らなければならないものが2つあります。それは、「カード」と「契約書」です。

 

この受け取りができない契約方法では、自宅に郵送されることになります。インターネット申し込みは審査結果が早く便利ではあるものの、自宅への郵送があります。

 

店頭窓口や自動契約機であれば、その場でカードと契約書の受け取りになりますので、インターネットで申し込みをして素早く審査結果を確認し、来店で契約をすると自宅への郵送物泣く素早い借り入れができます。

 

消費者金融は少額キャッシング短期返済

銀行カードローンに比べると消費者金融の金利は高く設定されています。もちろん金利だけで利息が決まるわけではなく、借入残高、利用日数も大事な要素です。

 

消費者金融でも銀行カードローンでも、初めて利用するときには上限金利が適用される傾向にあります。それでは消費者金融と銀行カードローンの上限金利にはどの程度の違いがあるのでしょうか?

 

  • 消費者金融の上限金利は18.0%
  • 銀行カードローンの上限金利は14.5%

 

一般的な消費者金融と銀行カードローンの違いになります。3.5%もの違いがあれば、利息には大きな影響をもたらすと思われるでしょう。

 

ところが先にもお伝えしましたが、利息は金利だけで決まるものではありません。一日分の利息を利用日数分支払う、そう考えるとわかりやすいはずです。

 

例えば、一日分の利息が100円だとしましょう。それを利用日数分支払うことになるため、15日利用をすれば1,500円、30日利用をすれば3,000円の利息を支払うことになります。

 

何よりも重要になるのは、利用日数を抑えることです。

 

ただし、利用日数が長くなる大口融資では金利の違いは明確な差となります。消費者金融は少額キャッシング短期返済の時にこそ、活用する借り入れです。

 

また、プロミスやアコムなどにもありますが無利息期間がある消費者金融もあります。30日間の無利息が一般的な日数となっていますが、その期間を利用して完済ができるのであれば金利の心配はもう、必要ないでしょう。

 

プロミスなら最短1時間融資

プロミス最短1時間融資
⇒プロミスのお申込みはココをクリックして下さい

 

レディース
⇒プロミスは女性ユーザーも多く女性の方にはコチラがおすすめです