銀行でお金を借りる方法【銀行カードローン金利比較】

MENU

銀行カードローンと消費者金融の、金利の違い

銀行カードローンと消費者金融で、最も大きな違いになるのは金利です。金利自体が違うことはもちろん、金利システムにも違いがあります。

 

全国的に知名度の高い大手消費者金融の金利は、上限が18.0%に設定されてます。消費者金融はほとんどの場合、金利の上限が適用されますので、比較するためには上限を見なくてはなりません。

 

  おすすめ順 金利 限度額 収入証明書
みずほ銀行
みずほ銀行
年4.0%〜14.0% 1,000万円 200万まで不要
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 500万円 50万まで不要
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 800万円 必要

 

消費者金融の金利は、例えばプロミスなら金利4.5%〜17.8%となっていますが、この金利のどこが適用されるのかお判りでしょうか?

 

これは、借り入れ金額や融資限度額などに影響するものではなく、多くの場合、初めての申し込む時には上限である金利17.8%が適用されています。

 

なぜ金利に幅があるのか?

どのタイミングで金利が引き下げとなるのか、それが全く見えていないのが、消費者金融の金利システムです。

 

返済実績を半年以上積むとよい、増額をすると金利が下がる、さまざまな憶測が飛んでいますが、それはあくまでも噂程度のものです。

 

実際に増額をしたところで、金利が下がった方もいますが、下がらなかった方もいます。

 

どのようにすれば金利が変わるのか、それは一切公表されておらず、それを推測する材料すらあいまいなものです。

 

その為、消費者金融を利用するときには、上限金利が適用されるものと考えておかなくてはなりません。

 

銀行カードローンは融資限度額によって、金利が決まる

どの金利が適用になるのか、ハッキリと目に見える形で確認できるのは、銀行カードローンの特徴でもあります。

 

また、銀行カードローンでは融資限度額が上がるほどに金利が下がるシステムとなっており、大口の借り入れに低い金利が適用されています。

 

資金使途自由の範囲内で銀行カードローンを使った、おまとめ目的の利用にも人気が集まっているのは、融資限度額が高くなると金利が下がる、その銀行カードローンのシステムがあればこそです。

 

銀行でお金を借りるなら、みずほ銀行カードローン