お金を借りるときの言い訳と理由

MENU

お金を借りるときの言い訳

お金を借りるときの言い訳、あなたならどんなふうにしますか?

 

正直に「使いすぎちゃってお金がない」と言えば良いのに、なんだかたいそうな理由を付けて「…そんなわけでどうしてもお金が必要なんだ」という風に言ってしまう人、多いのではないでしょうか。

 

1.財布を落とした

「財布を落としてしまって、生活費が全部入っていたし、カードもないからお金も下ろせない」という場合。

 

本人の落ち度とはいえ、同情からお金を貸したくなりますよね。

 

2.急な飲み会が入ってしまった

これはよく使われる言い訳の一つでしょう。給料日前などお金がないときに、どうしても外せない会社の飲み会が入ってしまったとき。

 

さっと支払いを済ませて後輩や女性に格好いいところを見せたい!という気持ちを理解してもらえるのではないでしょうか。

 

3. 急に具合が悪くなり病院に行きたい

自分でも予期せぬ事態、しかも病院となれば、緊急事態ですから頼まれたほうも心配してお金を貸したくなります。

 

ただし「肺炎になってしまって…」など、大事になってしまいますと途端に嘘っぽくなってしまいます。

 

「昨日から急に歯が痛くなって…」など、日常にありがちな理由のほうがよいでしょう。

 

4. 今月は葬式や結婚式などが重なって

冠婚葬祭の費用、とくに葬式の場合には予期せぬ急なことがほとんどです。

 

また結婚式の場合にはあらかじめ数ヶ月前に招待状が来て予定を組んでいるでしょうが、ご祝儀以外にも2次会の費用、そして女性の場合なら服代がかかるなど、すべてあわせますとかなりの出費になります。

 

同じような経験は誰しもしたことがあるでしょうから、こちらも理解を得やすい理由でしょう。

 

5.職場の人に子供が生まれてみんなでお祝いをすることに

職場だけに限らず、友人などでもこうしたお祝いをすることはよくあることでしょう。自分一人でしたら自分の都合に合わせて購入することもできるでしょうが、みんなで合わせてお祝い、となりますと時期を選べません。

 

但し、この理由の場合には一人一人の負担額は、あまり大きなものにはならないでしょうから、何か他の理由との合わせ技のほうが効果的かもしれません。

 

6.親が急病になった

あまり使いたくない理由ではありますが、遠くに暮らす親が事故や病気で倒れたという言い訳方法もあります。

 

「今すぐ実家に帰りたいけれど今手持ちのお金がなくて…」という理由は理解を得やすいでしょう。

 

7.うっかり家賃を滞納してしまっていた

「口座引き落としにしているが残高が足りていなかったようだ。今月は2ヶ月分支払わなければならない」

 

但し、この理由は自分の「うっかり」が原因となっていますから、同情的にお金を貸してもらうのは少し難しくなるかもしれません。

 

8.交通違反で捕まってしまった

違反の内容によっては高額な支払いになることもあります。しかしこちらも、違反をしたのは自分の責任ですので、理解はしてもらえても同情的に貸してもらうのは難しいかもしれませんね。

 

10.車が故障してしまって修理しなければ仕事に支障が出る

仕事に支障が出る、という理由になりますと、どうしても必要だということで借りやすいかもしれません。

 

他にも「会社で急に免許を取るように言われた」などの理由も、仕事に関することなので仕方ない、と思ってもらえるかもしれませんね。

 

11.コンタクトを落としてしまった

眼鏡があるとしても、眼鏡の方は家用として度を弱く作っているから、コンタクトの代わりにはならないという方もいますし、また眼鏡は普段外でつけないから恥ずかしい、という方もいらっしゃるでしょう。

 

そうした理由は視力の悪い方には理解してもらいやすいのではないでしょうか。

 

12.ルームシェア相手がいなくなった

使える人が限られますが、ルームシェアをして広めの部屋を借りているという場合、「相手が急に引っ越すことになって次の家賃は一人で二倍払わないといけないんだよね…」などという口実なら、自分の責任ではない急なことなので頼みやすいかもしれません。

 

13.急に勝負をかけるようなデートが入った

ある程度の年齢ですと、この理由でお金を借りるのは難しいでしょうが、若い方でしたら、親しい友人には共感してもらえる理由かもしれません。

 

14.友人の保証人になっている

例えば、友人の保証人になっていて、どうしても明日までに返済しなければならなくなった、なんて理由。

 

そういう風に言われてしまうと、確かにその人のせいではないですし、予期せぬ事態なわけですから、お金を貸してあげてもいいかなと思うかもしれません。

 

素直にお金がないと相談するか、キャッシングで借りるか

お金を借りるときの言い訳には、自分は悪くない、仕方ないんだ、という風に正当性を持たせるものが多くあります。

 

自分のお金に対するルーズさ、だらしなさを隠して何かのせいにしたい。それは、自分を悪く思われたくないという自己防衛の気持ちと、それだけではなく、その人との関係を悪いものにしたくないという気持ちも含まれているのでしょう。

 

でも、そうした大仰な理由を付けられてお金を借りられるより、気持ちよく

 

 

「お金を使いすぎて足りなくなった!給料日には返すから1万円貸して!」


と素直に言われたほうが、貸すほうも「しょうがないな〜」という気持ちになるのではないでしょうか。

 

お金の貸し借りはトラブルがあったにせよなかったにせよ、人間関係を変えてしまう可能性が高いものです。

 

お金を借りるということでその人との関係を危うくする可能性があるのであれば、理由くらいは嘘をつかずに正直に言ってみてもいいのかもしれません。

 

それでも借りられないというときは、キャッシングを利用してみるといいでしょう。

 

キャッシングでしたら多少の利息は支払うものの、いろいろと理由を考えながらお金を借りる必要がありませんし、人間関係を危うくするリスクもありません。

 

今はスマートフォン一台あれば申込からお金を借りるところまで手軽に手続きをすることが可能です。

 

嘘をつきながら友人・知人にお金を借りるより、ずっと気軽にお金を借りられるかも知れませんね。

 

お金を借りるには|即日・今すぐお金が必要な方へ