警察・交番で1,000円までお金が借りれる公衆接遇弁償費の制度とは

MENU

一人身で、手持ちのお金が足りなくて困ったら…

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

警察官

出かけた先で財布をなくしたり、手持ちのお金が足りなくて困ったりするといったことはあります。特に1人で行動しているとなると、誰か知り合いが近くにいなければどうすることもできません。

 

帰りの電車賃などの交通費がなくては帰ることもできませんし、また一人暮らしをしているとなると誰かを迎えに呼ぶこともできません。

 

このようにどうしても困ったという場合には、近くの交番でお金を借りるという手段があります。

 

公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)という制度があり、1,000円までの上限であれば、警察からお金を借りることができるとされています。

 

もちろん、どうしても困った場合に限ってのことであり、裁量はそれぞれの交番に任されています。名前や住所などを申告することによって、交番でお金を借りることができるのです。

 

当然、借りたものは後で返済しなければなりません。

 

1,000円以上お金を借りる事もできる

基本的にこの制度では1,000円以内とされていますが、場合によっては1,000円を超えて借りることができる可能性もあります。1,000円を超える場合には借受願書に必要事項を記入し返済書も受け取ることとなります。

 

こうして借りたお金は原則として借りた交番に返すのですが、最寄りの交番や警察署でも返金することができます。

 

公衆接遇弁償費の制度は、警察の善意によって成り立っているものです。極力利用せず、本当に困ったときにだけ交番に頼るようにしなければなりません。

 

手持ちのお金には余裕を持って出かけ、財布を紛失しないように気をつけることも大切です。警察では予算を組んで実施しているものですが、残念ながら返還されないというケースもあります。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加