車でお金を借りると悪質な業者に騙される危険性が高い

MENU

愛車に乗ったままで即日融資可能って!?

車

よく街角で、「愛車に乗ったままで即日融資可能」といった宣伝が見かけられます。これは、乗っている車を担保としてお金を借りるということですが、実際のところはあまり知られてはいません。

 

恐らく、ドライブスルーのようなものをイメージした方も多いのではないでしょうか。

 

車を担保にする、最も代表的なローン

実は私たちが車を購入するときに利用する融資として自動車ローンがありますが、これもまた車を担保としています。連帯保証人は必要がありませんが、車を購入するほどの大きな金額の融資を受けることを考えてみましょう。

 

一般的なカードローンでも融資限度額は20万円から30万円が相場です。それが同じ状況の中でも自動車ローンであれば100万円、300万円といった大きな金額の車のローンとして利用することができます。

 

よく考えてみれば不思議なものです。実はその裏にあるのは「購入した自動車」という担保があるからだといえば納得されるのではないでしょうか。

 

車金融というローン

融資方法として新しいものであるというわけではなく、主流ではないということです。そのため、実際にどうなっているのかを知らないという人が多くいるのです。

 

車を担保にしてお金を借りるとなると、担保が車そのものですから、借りることのできる金額も車の評価価値と同等ということになります。この「価値」は、中古車買取専門店による査定額です。修復歴やキズ、汚れがあると見積もり金額が安くなり、融資額も少なくなっていきます。

 

万が一返済することができなくなった場合には、お金を貸した金融機関は担保になっている車を中古車買取専門店へと売却処分して、債権を回収することになります。ですから車の中古査定額が、担保の上限となるのです。

 

返済できなくなると、担保になっている車を手放すことになります。移動手段として車が常に必要であるという場合には、大きなダメージにもなります。

 

車を担保にするという、自動車ローンと基本の形は同じようにも思えますが本質は違います。

 

自動車ローンの資金使途は自動車購入費用です。車金融では資金使途は自由となっています。

 

担保にする車の価値によっては大きな融資を受けることもできますが、やはり重要になるのは車の残債、そして価値です。

 

車を手放してもかまわないということであれば、車を担保にしてお金を借りるよりも、直接車を中古車買取専門店へ持ち込む方が簡単です。

 

悪質業者が多い業界

車金融は悪質な業者が多い業界の代表的なものです。車に乗ったまま融資を受けられるという言葉で検索してみるとよいでしょう。悪質な業者に騙されてしまったという相談が多くあることがわかります。

 

高い利息を支払いきれずに、最終的には担保の車が回収されてしまう、その可能性が非常に高いローンです。金融商品とはいっても、私たちの身近にあるのは預金程度のものでしょう。

 

借りるということが身近ではない私たちにとって、その金融業者が悪意あるものかどうかを判断する材料は多くありません。生活必需品ともいえる車を担保としてもよいものかどうか、よく検討する必要があります。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加