親にお金を借りる理由と、その言い訳

MENU

親にお金を借りる理由と、その言い訳

親

手元にお金がないとき、またすぐに必要なお金が生じたようなときには、親にお金を借りることがあります。大体は少額であることが多いのですが、時には住宅を購入するための頭金であったりとかなりの金額になるときもあります。

 

自分の親からお金を借りるとなると、基本的には金融機関などから借りるように、担保を用意したり利子を支払ったりする必要はないでしょう。

 

しかしながら、親の負担は大きなものとなるため、大きな心労をかけてしまうという場合もあります。親にも自分たちの生活があり、必要なお金がいろいろとあるのです。

 

親にお金を借りる理由

金融機関からお金を借りる、それには抵抗があるかもしれません。借りたら返すという基本的なことは変わりがありませんが、親からお金を借りるのであればそこにはいくらかの猶予があることが容易に想像ができます。

 

返した方がよいけれども、なあなあにもできるかもしれない、それが親からお金を借りることの一番の理由かもしれません。

 

お金を借りるということを安易に考えることはできません。
それが例え親であっても、お金を借りることは簡単なことではないということです。

 

例えば大きな金額を借り入れるとしましょう。
住宅ローンを利用するための頭金を用意してもらうこともあるかもしれません。大きな金額を借りるときには贈与税の心配もしなくてはなりません。

 

借用書を書き、返済に関する項目をしっかりと取り決めることとなります。利息の支払いを必要としないのであれば金利は無いことを明記しなくてはなりません。

 

また、返済をしているという証拠のために銀行口座への返済をするなど方法も考える必要があります。

 

親にお金を借りるときの言い訳

少しの金額であれば親から借り入れをすることもあり得ないことではないかもしれません。
例えば、どんな言い訳があるのでしょうか?

 

用意したお金を使ってしまった
目的がありそのために貯めた金額があったものの、別の用事があり使ってしまったということは十分にあり得ることでしょう。全く用意ができていなかったわけではない、それは言い訳になるかもしれません。

 

仕事に必要な費用
スキルアップのために資格を取得したい、それは応援したくなる言い訳になるかもしれません。

 

親は私たちが考えている以上に私たちのことをよく知っています。本当の理由なのか、それとも言い訳なのか、もしかすればすぐに気がつくかもしれません。

 

いずれにしても、いつまでも親に頼るようなことはできるだけ避け、自立して生活することができるようになりたいものです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加