生命保険契約者貸付制度でお金を借りる方法

MENU

生命保険契約者貸付制度

生命保険

生命保険を契約している方は、生命保険の契約者貸付というものを利用することができます。

 

これは文字通り、生命保険を契約している方であれば、お金を借りることができるという制度です。

 

保険を解約するのではない方法

お金が必要になったとき、お金を借りるのかそれとも保険を解約するのかという選択肢もあります。これまで毎月納めてきた保険料が今のピンチを救うのであれば、それもまた選択肢の一つでしょう。

 

しかし、今解約しなければならないほどの金額になるのか、今一度考えなくてはなりません。

 

全ての生命保険で利用ができるわけではありません。
積み立てタイプの生命保険であり、終身保険、養老保険や学資保険などです。

 

これらの積み立てタイプの生命保険は解約払戻金がありますが、その範囲をつかってお金を借りることになります。

 

もともとは自分が収めてきた保険料ではありますが、毎月の保険料の支払いをするたびにそのお金は保険会社のものとなります。借り入れる(引き出す)ときには貸し付けを受けるという形になります。

 

借りることができるのは保険をかけている方、つまり保険契約者だけです。

 

例えば、親が子どもに保険をかけているという場合であれば、受け取ることができるのは、保険契約者である親だけです。

 

契約者貸付は、保険を解約したときに戻ってくる解約返戻金の範囲内でお金を貸してもらうことのできる制度であり、解約返戻金の8割から9割程度にあたる金額を借りることができます。

 

当然、お金を借りるわけですから返さなければなりませんが、金利は通常保険の予定利率よりも少し高く設定されています。

 

ただし、未返済時の保険金については、保険金が支払われたときに精算されます。入院給付金はこの制度と相殺されないため、そのまま支払われます。

 

配当金については契約者貸付を利用していても、利用していない場合と同じように得ることができます。

 

契約者貸し付けの使い方

いくつかデメリットはあります。利率は複利となり、保険執行のリスクも考えなくてはなりません。返済をしなければ保険そのものの効力を失うことにもなりかねないということです。

 

現在の生命保険では祝い金があることも少なくありませんが、返済額が差し引かれることもありますので注意しなくてはなりません。

 

生命保険の意味をよく考えておきましょう。

 

そもそもお金を借りるための商品ではないということです。万が一に備えての積み立てを今、借りるという手段で使ってしまっては後々の後悔につながるかもしれません。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加