郵便局でお金を借りる

MENU

郵便局でお金を借りる

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

郵便局において、お金を借りることができます。
その条件としては、以下の2点が挙げられます。

 

  • ゆうちょ銀行の総合口座を持っていること
  • その総合口座で管理している定額貯金や財形定額、財形年金定額を利用していること

 

財産形成貯金担保貸付け

財形定額、財形年金定額を利用している方は、財形を担保として貯金額の1割に相当する金額を1,000円単位で借りることが可能です。その期間は、最長で2年となっています。

 

ただ、この貸し付けには上限額があり、預け入れ金額に利子を足した金額の9割相当までとなります。貸し付けの相談や手続きについては、郵便局の窓口において行うことが可能です。

 

返済回数は、1回から4回までのうちから、好きな回数を選ぶことができます。

 

貯金担保自動貸付け

ゆうちょの総合口座で管理する定額貯金を利用している場合には、また違う方法によってお金を借りることができます。総合残高を超える払い戻しが行われたときに、自動的に貸し付けが行われるのです。

 

例えば、総合口座には10,000円しか入っていないときに30,000円の払い戻しが行われたという場合には、定額貯金を担保として、自動的に差額の20,000円が貸し付けられるということになります。

 

これを担保とする場合には、預け入れ金額の9割が上限となっていて、貸付期間は財形定額、財形年金定額と同じ2年です。

 

利率については、返済時の約定利率に0.25%が上乗せされます。回数や金額の規定はなく、総合口座に入金されると自動的に返済へと充てられます。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
アコム
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円