友人にお金を借りると「金の切れ目は縁の切れ目」になる

MENU

友人にお金を借りる

友人

「金の切れ目は縁の切れ目」という言葉もありますが、友人にお金を借りるという経験をしたことがある、もしくは考えたという方は少なくないでしょう。

 

外食をして会計のときに財布を忘れていたことに気がついた、電車賃がないなどといったときに、一緒にいる友人からお金を借りるといったことはあります。

 

しかし、そこから生まれてしまう亀裂というものもあるのです。

 

逆の立場で考えてみる

しっかり返済していれば、友人からしても人間的な評価につながり、信用が得られることになるのでしょうか?
もしもまた、お金を借りなければならなくなったというときに、貸してもらうことができる可能性が高くなるのでしょうか?

 

そんなことはないはずです。

 

友人という間柄において、お金を貸してくれと頼むその真意を考えるはずです。返す返さない、それは後から考えることでしょう。まずは、自分に対してなぜ借金の申し入れをしてきたのかを考える事でしょう。

 

お金のトラブルは人間関係に大きな影響を与える。一般的に誰でも知っていることです。

 

間違いないく返すのか、それが問題ではなく、借金を申し入れた時点でその関係には影響をし始めています。

 

それでも借りなければならないとき

已むに已まれず借りなければならない状況になったとすれば、それが例え小銭程度で済む交通費だったとしても、一筆書くことをお勧めします。

 

それは、申し込んだ側のルールです。受けてくれる側に考えさせることではありません。

 

メモ程度でも日付と借りた金額、そして返済をする日を明記しましょう。それが最低限のマナーです。

 

責任のある大人であるということを忘れないようにしましょう。自分が何時間も何日も働いてようやくひと月分の給料をもらっていることと同じように、その友人も働いて稼いだお金であるということです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加