個人事業主がカードローンでお金を借りるには

MENU

個人事業主がカードローンでお金を借りるのは難しい?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

個人事業主がお金を借りるには、どうしたらいいのでしょうか?実は、個人事業主が消費者金融などから、お金を借りるのは少し難しいと言われてます。

 

普通に会社員とかで個人の借入というと、簡単に借りれてしまうものなのですが、これが一転、個人事業主となると借入はできても利用希望額まで借りれないなんてことが多かったりします。

 

なぜ、個人事業主がこお金を借りるのは難しいのかというと、カードローンなどを利用する際の、利用条件が理由の一つです。

 

利用条件にはすべてのところで、安定した収入のある方といった言葉が提示されています。

 

この「安定しているかどうか?」という点が、個人事業主の弱いところで、会社員よりも不安定と思われてしまうのが原因なのです。

 

例え、テレビなどで知られていて明らかに稼いでいる大物芸能人だったとしても、一般のサラリーマンのほうが安定性という面で見ると評価が高いという訳です。

 

逆を返せば、「安定した収入がありますよ!」とアピールすることが出来れば、希望借入額に近いお金は借りれるということです。

 

それを証明するのが、収入証明書なのです。

 

収入証明書で安定をアピールする

会社員の場合は、運転免許証などの本人確認書類があれば、簡単にお金を借りれるのですが、個人事業主の場合は、収入証明書類を提出を条件にしているところが多いです。

 

収入証明書類の提出条件
プロミス
プロミス

 

次のいずれかに該当する場合、収入証明書類の提出が必要

  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 希望の借入額と他社での借入残高の合計が100万円を超える

※上記に該当しない方は、収入証明書類の提出は不要

 

上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点を用意する

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は、直近2ヶ月の給与明細書を用意

モビット
モビット

 

現在の収入を証明できる書類として、以下のいずれかの書類を提出

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し

個人事業主の方は、「営業状況確認のお願い」の提出が必要となる場合あり

 

プロミスでの資金使途は、「個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります。」と記載されているので、もしもの時の為に、あらかじめ融資枠を作っておくというのも、良い手段かもしれませんね。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
オリックス銀行
オリックス銀行
1.7%〜17.8% 最高800万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円