水商売や風俗嬢でもお金を借りれる消費者金融は?

MENU

水商売や風俗嬢でもお金を借りるのか?

キャバ嬢・風俗嬢

水商売や風俗関係の方となりますとお金を借りるのが難しいと聞きますよね。これはどうしてなのでしょうか?

 

例えば住宅ローンなど長期で高額な融資というのはかなり厳しくなると考えておいていいかもしれません。

 

とはいえ、水商売や風俗店で働いているから、絶対にお金は借りれない…ということではありません。基本的に、消費者金融がお金を貸したいのは、貸したお金をきちんと返してくれるあてのある方です。

 

そのため安定した定期的な収入が長期間見込めることが審査において重視されます。公務員や大企業の正社員などがお金を借りやすいのはこのためです。

 

つまり、安定した収入があることを消費者金融が分かれば借りることができます。

 

通常は申込書に記載された勤務先で実際に働いているかの在籍確認が行われます。勤務しているキャバクラ店や風俗店にも確認がくることとなります。

 

自分の所属しているお店が法人形態を取っている場合は、運営している会社名を記入します。

 

働いているお店の名前を記入するのと運営会社名を記入するのとでは、信用度合がかなり変わります。水商売や風俗で勤務している人は、法人企業からの給与収入があると、消費者金融に示すことが重要です。

 

収入証明書の提出が求められた場合、源泉徴収票や確定申告の提出が必要となります。勤続年数の短い人は、給与明細を提出できるように保管しておくことが大切です。

 

水商売や風俗店で働いている女性が周囲の人に働いていることを知られたくないという理由で、勤務先を企業名にしているアリバイ会社があるお店があります。そのような場合は、そのアリバイ会社名を記入しておくと良いです。

 

やはり審査は厳しいでしょうか?

水商売や風俗嬢の場合、収入がどんなに大きくとも収入に波があるため、どうしても審査の際にシビアに見られてしまうのです。

 

ある程度の年齢になるとその仕事自体が厳しくなってくる部分もあるため、いくら現在の収入が高くても、それが何年と長期間続かないことが見越せますから審査がさらに厳しくなります。

 

また、水商売や風俗嬢の方はよりよい報酬を求めてお店を転々としたり、若いうちのアルバイト感覚でやっている方も多いといいます。勤め先が次々に代わるというのは審査の際の印象があまりよくありません。

 

アルバイトとして勤務しているのか?その道のプロとして何年も働いているのか?それによっても信用度合がかなり変わります。当然ですが、後者の勤務年数が長い方が有利です。

 

安定した収入を証明するために確定申告書の提出を求められるケースもありますが、水商売の方の場合、実は確定申告自体をしていない方が多いと言われています。

 

働いた分を報酬としてもらっていても、それを給与所得と同様の感覚でもらってしまって本来ならば納税義務があるところを手続きをしないケースが多いというのです。

 

お金を借りるためには収入を証明すること、そして収入を証明するにはまず確定申告をしないことにははじまりません。きちんと申告を行って安定した収入があるのだと言うことが証明できれば、水商売・風俗嬢の方でもお金を借りやすくなるでしょう。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加