会社員(サラリーマン)がお金を借りる

MENU

会社員がお金を借りる

カードローン、キャッシング利用者でおそらく一番多いと思われるのが会社員ではないでしょうか。

 

カードローンなどの利用条件としてあげられるのは、安定した一定の収入のあることです。

 

会社員がお金を借りるという場合には、毎月の給料で安定して定期的な収入が約束されているわけですので、利用条件を十分に満たしていますから、もちろん利用することが可能です。

 

在籍確認

会社員がお金を借りるにあたって、まず気になるのが在籍確認の電話です。在籍確認の電話は、ほとんどの場合、個人名で勤務先の会社へと電話がかかってきます。

 

「○○消費者金融です」などと名乗ることはありませんので、その電話によって自分が借金をしようとしていることが即座にバレてしまうということはありませんが、普段電話がかかってこない人の場合など不審に思われるのでは、と上司や同僚の目が心配になることもあるでしょう。

 

在籍確認が不安だという方は、逆に「先日クレジットカードを作ったので今日在籍確認の電話があるかもしれない」などというように会社の人に伝えておくというのも一つの手です。

 

また最近では、在籍確認を書類で替えて行うカードローンもありますのでそうした所を利用すると良いでしょう。

 

返済プラン

会社員がお金を借りるにあたって返済プランはどうしたらいいのでしょうか?

 

会社員の場合には毎月安定した一定の金額が給与として支給されますから、まずは無理のない返済ができるような返済計画を立てれば良いでしょう。

 

それにプラスしてボーナス月など、お金に余裕のある月には繰上返済で元金を減らして行くようにすれば良いと思います。

 

ただし病気や怪我などで長期休暇を取る可能性なども考慮し、返済と平行して貯金もするなどと対策をとっておくとより安心でしょう。

 

また、会社員の場合には給料がアップするなどして年収が増える可能性がありますよね。そうした場合には限度額をアップすることも可能です。

 

限度額をアップさせるには再審査が必要となります。年収が上がったことを証明できる収入証明書などを準備の上で問い合わせをしましょう。

 

転職した場合は?

会社員の方で転職をするという場合には、現在利用中のカードローン会社のほうへなるべく早くに申告をした方がいいでしょう。

 

転職をしたからといってそれを理由に利用中のカードローンが一切使えなくなるなどということはありませんが、審査を受けたときとは変わっていることを意図的に隠していたという場合には、最悪のケースでは融資がストップしてしまうことも考えられます。

 

転職の際にはなるべくはない段階でそのことについて申告を行いましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
アコム
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円