審査や融資のスピードで比較する

MENU

消費者金融を審査や融資のスピードで比較する

「今日中にお金を借りたい!」という緊急性の高いあなたには、平日14:00までにWEB契約完了すれば、その日の内に自分の口座に振込キャッシングができるプロミスがおすすめです。

 

14時以降や土日・祝日であっても、ネットで申込をしてから、店舗や自動契約機に向かえば、当日中に現金を借りることが可能です。

 

プロミスは全国に店舗数も多く、三井住友銀行のローン契約機も使えるので、とても使いやすいです。

 

審査や融資スピードの比較ランキング

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 最短1時間融資
平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
アコム
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 平日14:00時まで
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)

 

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※受付終了時間は手続完了の締切時間となります。審査結果によっては即日融資できないこともあります。

 

銀行と消費者金融はどっちがよい?

今すぐお金が必要な際、審査や融資スピードでカードローンを比較すると、やはり圧倒的に消費者金融の方が早いです。

 

銀行カードローンは金利が低く魅力的なのですが、その分審査は慎重になり時間がかかる傾向があります。また、審査自体厳しく落ちてしまうことも。。

 

時間がかかり、審査も厳しい銀行カードローンは、当日中に借りられない可能性が高いため、急いでいるときには、おすすめできません。

 

銀行カードローンの中にも、「即日融資可能」としているところはありますが、「カード発行後」と条件付きであり、カードが発行されるまでに数日かかることがほとんどです。

 

そうした銀行カードローンの多くは、審査時間は「最短即日」となってます。消費者金融の審査時間が、「最短30分」なのに対し、これは時間がかかることを意味しています。

 

もちろん、消費者金融の審査を受けたからといって、必ず即日融資が確定するというわけではありません。

 

しかし、時間がかかるケースの多いものと、時間が短いケースの多いもの、どちらのほうがより審査スピードが早い傾向にあるのか、これはそういう可能性の問題なのです。

 

スピード重視なら、プロミス

最短1時間